【谷間全開】長谷川京子、カフェで客が三度見した胸元

長谷川 京子(はせがわ きょうこ、1978年7月22日 – )は、日本のファッションモデル、女優、タレント。千葉県出身。レプロエンタテインメント所属。夫はポルノグラフィティ・新藤晴一。 愛称はハセキョー、ハセキョン、京ちゃん。ファッション雑誌のモデル時代は人気ぶりが社会現象にもなり「はせきょー現象」という言葉も生まれた。
23キロバイト (2,726 語) – 2021年7月15日 (木) 04:29
 
極端すぎる…

 

1 jinjin ★ :2021/10/01(金) 23:08:50.38

別居の カフェで客が三度見した白Tシャツの胸元「40代で成長中」

結婚13年目を迎えた長谷川京子(43才)とロックバンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一(47才)が、別居生活を送っていることを女性セブンが報じた。
近年、関係者の間では、長谷川の見た目の変化を指摘する声もあった。

9月下旬、都内のカフェで熱心にスマートフォンとにらめっこする長谷川の姿があった。

チェックのジャケットにスキニーパンツ、インナーには白い透け感のあるTシャツを合わせている。
スラリと伸びた長い足も艶めかしいが、それよりも視線を集めるのは、高い位置をキープした彼女の胸元だ。

「スタイル抜群の女性がいるなと思ったら長谷川さんでした。タイトで胸元がザックリとしたTシャツを着られていたので、ふくよかな胸が目立っていました。ものすごくきれいな谷間で何度も見てしまい……彼女はテラス席に座っていたので、多くの視線を集めていましたよ」(居合わせた女性客)

街中でも一際視線を集めていた長谷川の胸元だが、かつてはだったという。

「20代の頃、ファッションモデルの仕事がメインだった彼女は、大きな胸がコンプレックスだったと語っていたました。モデルはスレンダーな方が多い業界ですからね。でも、、出産、育児を経て、再び自分の体を見つめ直した時に、この胸も含めて“自分の体を愛おしむ”と考えを変えたそうなんです。以降はご自身のインスタグラムなどでも、胸元が開いた露出度が高い服を着ることも増えました」(長谷川を知るスタイリスト)

近年、長谷川は月に一度はバストサロンに通い、美バストをキープするためにケアを怠らないという。
かつて自身のチャンネルでも、こだわりのバストケアについてこう語っている。

〈(出産後に胸が)やっぱこう削げたりとか、あと横に流れたりとか。重力に負けたりとかやっぱしてきたんで。うーんなんか、抗う必要もない気もするけど、抗ってみようかなと思ってバストサロンに行って。で、バストサロンに行くと背中に胸の肉が流れるんだって。背中とかここらへんの(脇と背中の間を揉むしぐさ)肉をこうやってほぐして、はがして、前に持ってきてくれるの。
で、それをブラジャーにちゃんと入れ込む、っていうのを1か月続けると胸が戻ってくるというか、柔らかい胸になって。元には戻んないよ、もちろん。20代の胸に。愛でてあげるとここまでになるんだ、って自分の体って。まずたぶんね、カップがあがると思うよ。カップが上がるとちょっと嬉しいじゃん〉

かつてコンプレックスだった胸を今は受け入れ、愛しているという長谷川。
その胸は努力の甲斐もあり、40代以降も美しく成長し続けているという。

別居の長谷川京子 カフェで客が三度見した白Tシャツの胸元「40代で成長中」(NEWSポストセブン) - Yahoo!ニュース
 結婚13年目を迎えた長谷川京子(43才)とロックバンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト・新藤晴一(47才)が、別居生活を送っていることを女性セブンが報じた。近年、関係者の間では、長谷川の見た目の

画像

(出典 i.imgur.com)


(出典 i.imgur.com)

続きはページ下にリンクがあります


コメント

タイトルとURLをコピーしました